2009年11月03日

40代での保険の見直し その2

40代の方が保険に求めるものは、やはり老後の生活に関してのものが圧倒的に多いですね。
具体的に言えば、医療、死亡保障、そして年金といったところです。
その一方で、年齢に関係ない地震保険に関しても軽視される事は無く、加入者は増えてきています。

40代という年齢になると、マイホーム所持率はかなり上がります。
つまり、自身から守るべき対象が増えているという事ですね。
そうなれば、必然的に地震に対して、そして地震保険に対しての意識は高まる事になります。

40代は、ある意味最も守りに入る年代かもしれません。
20代、30代ほど勢いは無く、50代、60代ほど達観はできません。
アグレッシブさを失い、まだかすかな未熟さが残る年代。
それが40代という年代なのでしょう。
それゆえに、保険に対してはかなり過敏なお年頃と言えます。
それが何を意味するのかというと、保険の見直し事例が最も多くなるのがこの年代という事です。
特に、生命保険の見直し事例や医療保険の見直し事例が多いようですね。

地震保険に関しては、過去に契約した内容と、現在の割引が増えてきた内容との差異を埋めるための見直し事例が散見されます。
ただ、地震保険は比較的保険料が安いため、すぐに見直しを行うというより、引越しなどのきっかけがあって初めて考えるという方が多いようですね。
地震保険は、一昔前と比較するとだいぶ注目度が増してきてはいますが、他の保険と比較すると、やはりまだ軽視されがちです。
posted by 地震保険 at 20:08 | TrackBack(0) | 地震保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。