2009年11月03日

60代での保険の見直し その1

人生における終盤戦と言っていい60代。
まだ仕事を続けている人もいれば、もう定年退職して年金暮らしに移行している人もいるでしょう。
よって60代の保険は、その2パターンで大きく分かれています。

まだ仕事を続けている人の場合は、地震保険の加入者が多いようです。
自動車保険などもそのまま継続しており、保険の見直し事例としては、解除というより移行の方が多いようですね。
例えば、自動車保険の特約の一部を解除し、その分を生命保険の特約に充てるなどという感じです。
地震保険の場合、あまりそういった移行というのはないので、そのまま継続というケースが多いようです。

60代で現役の方の地震保険の見直し事例としては、やはり引越しによるものが多いようです。
引っ越した場合、地震保険は当然ですが色々変わってきます。
住所が変わるだけでなく、保険料が変わる可能性もかなり高いのです。
その為、必然的に見直しが行われます。
この際に、割引が追加されるなどのケースもあるようですね。

また、他の見直し事例としては、収入が激減したために解除するケースも見られます。
近年、高齢者に対して、仕事を継続させる代わりに給与を大幅に下げるケースがかなり目立ちます。
あと2年、いや1年働かせてくれ、などという声が多く、それを叶える代わりに給与は半分以下、などの条件で雇用する会社が多いのです。
その場合、地震保険は見直しの対象となるのです。
posted by 地震保険 at 20:08 | TrackBack(0) | 地震保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。