2009年11月03日

20代での保険の見直し その1

保険を見直す上で年代別のタイプ分けを行っていくと、かなりそのギャップが顕著である事がわかります。
年代によって様々な問題があり、その問題と保険には少なからず因果関係があるからです。
つまり、年代で保険に対しての姿勢や考え方も変わり、そうなってくると、見直し事例もだいぶ変わってきます。

では具体的に、地震保険の20代での見直し事例を見ていきましょう。
20代で地震保険に加入している人の事例自体、あまり多くないようです。
実際、20代でマイホームを購入する人もあまりいないので、地震保険に加入する必要性があまり無いというのが現状でしょう。

それでもどうにか頑張って20代後半でローンを組む人も少なからずいます。
そう人たちは、当然義務として火災保険に入る事になるでしょう。
通常、ローンでマイホームを購入する場合、火災保険への加入を条件として掲示されますから。

しかし、火災保険の加入時に、果たして地震保険にも加入しようと思うものでしょうか。
はっきり言いますと、昔はほとんどピンとこなかった人が多かったのが実際のところです。
そして、それは今もそう変わりません。
20代の人は、どうしても遊ぶ事にお金を使います。
まだそれ程お給料が高くない状況で、車や家電、あるいは旅行、趣味など、様々な娯楽にお金をかけます。
その為、なかなか地震保険に入ろうという意思が働かないのです。
結局、地震保険の見送りが多くなるということになります。

ただ、最初はそういう意識だった家庭が、新潟中越の地震等、大型の地震が頻発し始めた時期から、見直しを行いことが多くなっているのも事実です。
posted by 地震保険 at 20:08 | TrackBack(0) | 地震保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

保険見直しはタイミングが重要

地震保険の見直し事例は、年代別に分けられる事が多いです。
つまり、20代での見直し事例、30代での見直し事例、40代での見直し事例、50代、60代・・・と、その年代別に事例というものも変わってくるという事です。
それは、加齢、そして各種の節目によって、自分にとっての保険というものが変わってくるからです。

逆に言えば、そういった節目や年代は、保険見直しの重要なタイミングともいえます。
そして、このタイミングこそが非常に重要となってきます。

保険を見直すタイミングは、いつ、どういうタイミングかという点においてかなり変わってきます。
例えば収入が増えた場合。
定期的な収入が増えるとなれば、増えた収入の使い道は必然的に発生する問題ですよね。
例えば、マイホーム資金に充てるという家もあるでしょうし、食事のグレードをひとつ上げるという家庭もあるでしょう。

そして当然、保険に充てる家庭もあります。
これは、保険見直しのタイミングとしてはGOODと言えるでしょう。
ただ、必ずしもBESTとはいえません。
というのも、保険は常に変わり続けているからです。
地震保険は特に、今変遷の時を迎えています。
自分達の都合のいい時に見直した場合、そのすぐ後に魅力的な保険商品が出る可能性もあるのです。
そうなると、見直しのタイミングを誤ったという結果になります。

地震保険の見直しのタイミングは、ある程度自分達でコントロールできます。
上記の例の場合、事前に保険のプランが新たに生まれる事をインターネットなどで情報収集することで、より良いタイミングでの見直しを行うことができるでしょう。
アンテナを張りつつ、自分達の都合も考慮し、最高のタイミングをつかむ事が重要です。
posted by 地震保険 at 20:08 | TrackBack(0) | 地震保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

保険見直しを考える前の準備

地震保険の見直し事例を作る。
それは、今の時代、あるいは少し先の未来でかなりの人が行う事かと思います。
現在ではまだ見直しの必要性が薄いのですが、地震保険がさらに整備されていけば、見直し事例も必然的に増加するでしょう。
その時は、おそらくそう遠くはありません。
その為、地震保険の見直し事例を作る前に、まずその準備を整えておく事が重要です。

といっても、保険の見直しに準備など必要あるのかという疑問がまず先に浮上するかと思います。
準備といっても、手続き等のことではありません。
一番重要なのは、保険料です。
保険料を支払う事ができるのか、現在の地震保険より保険料がどれだけ上乗せできるのかを想定することこそが保険見直しのための準備と言えるでしょう。

まず最初にすべきは家計の整理です。
現在の収入と支出をしっかり確認しましょう。
その上で、果たして地震保険というものに加入できるかどうかを検討する必要があります。

現在地震保険に加入していない方で将来加入を考えている方は、控除もしっかり考慮しておくと良いでしょう。
いずれにしても、今の家にどれだけの余裕があるかという事を確認する事が準備となります。
また、必要保障額をしっかり計算しておく事も重要です。

これらの準備は、億劫なのであまりしたくないというのが本音かと思います。
ですが、自分達が将来地震保険というものに対して無関係なのか、あるいは加入する可能性があるのか、見直しによって別のプランを選ぶのか、という選択肢を用意するためにも、あらかじめ行っておいた方が良いでしょう。
posted by 地震保険 at 20:08 | TrackBack(0) | 地震保険 見直し 事例 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。